Presented by haru
  • TOP
  • ヘアケア
  • ヘアケアでサラサラな美髪をゲット!ダメージヘアから脱出する方法! ヘアケアでサラサラな美髪をゲット!ダメージヘアか…

ヘアケアでサラサラな美髪をゲット!ダメージヘアから脱出する方法!

ヘアケアでサラサラな美髪をゲット!ダメージヘアから脱出する方法!

f
hatebu

髪は女性の命と言われることもあるほど、女性にとって大切な髪の毛。多くの方がサラサラの髪の毛を手にしたいと思っているはずです。
そんな女性たちの思惑とは裏腹に「髪の毛は復活しない」ということを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。事実、髪の毛は死滅細胞であるため、ダメージを受けた髪の毛が健康な状態に復活することはありません。

しかし、ヘアケアによって手触りが良く艶のあるサラサラな美髪を手に入れることはできます。この記事では髪の毛が受けている日々のダメージを抑え、髪の毛をサラサラにするためのヘアケアをご紹介します。

■まずはダメージを生んでいる原因を探し出そう!

髪の毛をサラサラにするヘアケアのご紹介の前に、まずは髪の毛のダメージを生み出している原因を探し出しましょう。
記事後半でもご紹介しますが、綺麗な髪の伸ばし方は「とにかく髪にダメージを与えないこと」が重要ですので、ダメージの原因について知っておきましょう。

◇高温すぎるヘアアイロン

髪の毛のセットでストレートヘアアイロンやカールヘアアイロン(コテ)などを使用している方は多いと思います。
そのヘアアイロンの温度設定が高すぎると、髪の毛の主成分であるタンパク質が熱変性(タンパク変性)を起こしてしまい、ダメージの原因となってしまいます
髪質やダメージ状態によって最適なヘアアイロンの温度は異なりますが、なるべく低い温度、ヘアアイロンを当てる回数を減らすように使用しましょう。

◇カラーやパーマの繰り返し

カラーやパーマは髪の毛にダメージを与える原因として代表的なものです
どちらも薬剤を使用し、髪の毛をアルカリ性に傾けることで施術の効果を出していますが、その成分が原因で髪表面のキューティクルが剥がれ、髪の毛内部の栄養が流出してしまいます

◇髪の毛が濡れている時間が長い

先ほども触れたキューティクルですが、髪の毛が濡れているとキューティクルが開いている状態になります
お風呂上がりなど、髪の毛が濡れている時間が長いとキューティクルが開いている状態が長く続き、そのまま自然乾燥してしまうとわずかな外部刺激でも髪の毛が傷みやすくなります
また、頭皮に菌が増殖するなどのデメリットもあります。

■髪の毛をサラサラするヘアケアの方法を紹介!

では本題の髪の毛をサラサラにするヘアケアの方法をご紹介します!
髪の毛へ少しの気遣いをしてあげることでサラサラの美髪が近づきますので、ぜひ気を付けてみてください。

◇髪の毛の洗い方に気を付ける

まずは毎日のシャンプーで髪の毛の洗い方に気を付けてみましょう。
お風呂に入る前にはブラシを使って大きなホコリなどを落としておきますシャンプーの前にはしっかりと髪の毛をすすいでおき、シャンプーは手のひらや泡だてネットでしっかりと泡を作ってから頭に乗せましょう
爪を立てて洗うのではなく、頭皮をマッサージするイメージで洗い、毛先も軽く握るように泡を馴染ませます
シャンプー、およびトリートメント後は流し残しがないように1~2分ほどかけてしっかりとすすぐのを忘れないようご注意くださ

◇ドライヤーの使い方に気を付ける

先ほどご紹介したように髪の毛が濡れている状態はサラサラの美髪にとっての大敵ですお風呂上がりなどはなるべく早く髪の毛をドライヤーで乾かすようにしましょう
ドライヤーを使用する前にはタオルドライで優しく髪の水分をとっておくことで、ドライヤーの熱によるダメージを軽減することができます
ドライヤーは髪の毛から20cmほど話した位置から「髪の根本→中間→毛先」という流れで、キューティクルに沿って温風を当てていきます。9割ほど乾燥したところで、冷風を当てるとキューティクルを引き締める効果が期待できますので、最後は冷風を当てて髪の毛をクールダウンしてあげましょう。

◇クシとブラシを使い分ける

クシ(コーム)とブラシを使い分けていない、もしくはなんとなくで使い分けていませんか?
クシは髪の分け目を作るなど仕上げに使うことが主な用途で、ブラシは髪をとかしてキューティクルを整える、ブローで使用するなどが主な用途になっています。
用途によってきちんとクシとブラシを使い分けることで、ダメージが抑えられます。

■サラサラで綺麗な髪の伸ばし方

では最後に、サラサラで綺麗なまま髪の毛を伸ばしていくためには、どのような点に気を付ければいいのかをご紹介します。
髪の毛が生えてきた瞬間が一番綺麗な状態ですので、なるべくその状態をキープしたまま伸ばして、美髪を手に入れましょう。

◇ダメージを抑えることを最優先に!

記事の前半でご紹介したように、サラサラをキープして髪の毛を伸ばしていくには、ダメージを抑えることを最優先にしましょう
ヘアアイロンやカラー、パーマなどに気を付ける他にも、紫外線による髪の毛へのダメージや乾燥でダメージを受けやすい状態を作らないなど、今の髪の毛を綺麗に保つために対策を行いましょう。

◇規則正しい生活とバランスのいい食生活

「ワカメを食べると髪の毛が早く伸びる」というのは都市伝説のような話で科学的な根拠はありませんが、バランスのいい食生活で体の一部である髪の毛にも栄養が行き渡るようになると、髪の毛にもいい影響が期待できます。
髪の毛の主成分はタンパク質、髪の毛を生成するのはヨウ素ビタミンですので、これらの栄養素を意識しながら食生活を送りましょう。
また、適度な運動十分な睡眠など、規則正しい生活を送ってストレスを溜めないことは、髪の毛だけではなく肌にもいいので、生活リズムもこれを機に改善してみてはいかがでしょうか?

■まとめ

髪の毛をサラサラにするヘアケアの方法としては、やはり外部からのダメージをなるべく抑えることが重要です。ダメージを受けた髪の毛を補修することはできますが、根本的な解決は難しいので、日々のヘアケアと髪の毛に対する意識で綺麗なサラサラ美髪をゲットしましょう!

ハッシュタグ

お風呂, 睡眠, 頭皮, 食事,

20代30代40代UVうねりおすすめお風呂お風呂上りかゆいかゆみくすみくせ毛くせ毛をストレートにする方法くまごわつくしわたるみたるみ、顔ヨガにおいのぼせべたつきほうれい線まだらまとまらないむくみアレンジエイジングエイジングケアオイルカロリーキャンドルキューティクルケアコシゴールデンタイムサラサラシミシャワーシャンプーシンプルスキンケアスッキリストレスストレス解消ストレッチタオルダイエットダメージダメージケアダメージヘアチェックチクチクトラブルトリートメントニキビパウダーパサつきパサパサパックブラッシングヘアケアベタベタボディケアボリュームマッサージマットメイクヨガリラックスリンパルーティンワンオペ一日乾かさない乾燥乾燥肌予防二の腕保温保湿健康傷み働くママ入らない入れ方入浴前髪効果化粧化粧水原因収納吐き気回数地肌ケア基本塩風呂増える変化女性妊娠妊娠・出産妊娠初期子ども子供子育て季節寝る対策年齢成分戻す抑える抜き抜く抜け毛抜け毛、ピーク抜け毛がひどい改善敏感肌整える方法日焼け日焼け後時期時短時間更年期染まらない栄養梅雨楽しむ毎日毛根毛穴水道代汚い泣く洗い方洗顔消費カロリー温度潤い生理産後産後ケア疲れる疲労回復病気痩せる癒し白髪目元直す睡眠秘訣種類立ちくらみ節約紫外線細くなる絡まる美容美白美白ケア美肌習慣肌荒れ腰痛自宅臭い若返り蒸しタオル薄毛血流読書赤ちゃん過ごし方選び方闇風呂雨の日面倒頭痛い頭皮風呂食べ物食事食後飲み物首すわり前髪の毛髪型髪質鼻水

詳しく見る

page top