Presented by haru
  • TOP
  • ヘアケア
  • 頭皮が汚いって具体的にどういう状態?原因ごとに対策方法を紹介! 頭皮が汚いって具体的にどういう状態?原因ごとに対…

頭皮が汚いって具体的にどういう状態?原因ごとに対策方法を紹介!

頭皮が汚いって具体的にどういう状態?原因ごとに対策方法を紹介!

f
hatebu

ふとした時に気になる頭皮のニオイ。「もしかして頭皮が汚れているのかも?」なんて思ったことはないでしょうか。
頭皮が汚れているのであればトラブルにつながる可能性もあるため、対策をする必要があります。
この記事では頭皮が汚れる原因や対策をご紹介します。

■頭皮が汚い?具体的にどういう状況?

そもそも頭皮が汚いとはどういう状況なのでしょうか。頭皮が汚れている状況をいくつかご紹介します。

◇皮脂の過剰分泌

女性ホルモンの中には「プロゲステロン」という皮脂の分泌を促すホルモンがあります。
プロゲステロンは排卵後から次の月経の前まで分泌されるホルモンなので、月経前には皮脂の分泌量が増えることになります。

皮脂が過剰分泌されることによって、頭皮の毛穴が詰まることや、ニキビができるなどの肌トラブルにつながります。
また、頭皮のニオイが気になるのも皮脂の過剰分泌が原因とされています。

◇乾燥や炎症によるフケ

頭皮が乾燥していたり、炎症を起こしていたりすると角質層が剥がれ落ち、フケとなります。
頭皮が乾燥する原因は、シャンプーのしすぎや睡眠不足、ストレスなどさまざまです。
乾燥によるフケを放っておくと、かゆみの原因になります。

◇シャンプーやトリートメントの洗い残し

シャンプーやトリートメントの洗い残しも頭皮の汚れとなって残ってしまいます。
洗い残しがあることによって雑菌が繁殖し、炎症を起こす原因にもなるため、シャンプーをする時にはしっかり洗い流すように気をつけましょう。

■【頭皮汚れの原因別】頭皮ケアの方法・対策法を紹介!

頭皮汚れにはいくつかの種類があることを述べましたが、それぞれの原因に合った頭皮ケアの方法や対策法をご紹介します。

◇【皮脂汚れ】シャンプーの変更・洗い方の見直し

皮脂汚れにはシャンプーの変更や洗い方を見直すことが大切です。
洗浄力が強すぎるシャンプーはかえって皮脂を増やす原因になってしまうため、適度な洗浄力と保湿力があるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
デリケートな頭皮の方も負担をかけずに使うことができます。

皮脂汚れをきちんと落とすにはシャンプーの仕方も大切です。
シャンプーをする前にブラッシングをし、細かい汚れを落とします。
そのあとにお湯でしっかりと予洗いをすることで、頭皮の汚れのほとんどを落とすことができるのです。
予洗いがきちんとできていればシャンプーの泡立ちもよくなるため、シャンプーを節約することにもなります。

◇【フケ】保湿ローションの使用

フケが起こるのは頭皮の乾燥が原因のため、シャンプーのあとに保湿剤を使って保湿することが大切です。
保湿剤にはローションタイプやオイルタイプ、ミストタイプなどさまざまな種類があります。
ミストタイプは軽い使い心地のものが多く、ベタつきたくないという方に向いています。オイルタイプは保湿力が高く、そのまま頭皮マッサージなどにも使えるため、スカルプケアが気になっている方におすすめです。

ただし、フケが出ているのは頭皮が炎症を起こしている場合もあるため、肌荒れなどを感じたら一度病院へ行くようにしましょう。

◇【洗い残し】洗髪後のシャワーをしっかりと

シャンプーの洗い残しは頭皮に雑菌が増え、炎症などの頭皮トラブルの原因になるため、しっかりと洗うことが大切です。
シャンプーやトリートメントはそれぞれ1~2分を目安にすすぐようにしましょう。
とくにトリートメントは、根元につけすぎると毛穴が詰まってしまうため、できるだけ毛先の方を中心になじませるようにします。

■皮脂を落として保湿もできるシャンプーはないの?

皮脂をしっかり落とし、保湿もしっかりできるシャンプーは「kurokamiスカルプ」がおすすめです。アミノ酸も配合されているため、髪や頭皮に優しい設計となっています。

洗浄力はキープしたまま低刺激で、ハイビスカスエキス(ブッソウゲ葉エキス)が配合されているため保湿効果もあるとされています。

そのほかにも頭皮をすこやかに保ちハリやコシを与えるために、キャピキシル(※)やソメイヨシノ葉エキスなどのこだわりの美容成分が配合されています。

豊富な成分配合でコンディショナーがいらないように作られているので、洗い残しによる頭皮トラブルなども防げます。コンディショナーがいらないのバスタイムの時短にもなり、子育て中などゆっくりお風呂に入ることが難しい方にはとくにおすすめです。

また、このシャンプーを使うことで紫外線ケアもできるため、日焼けによる髪のダメージをケアできます。

忙しい毎日を送る女性のために作られたこのkurokamiスカルプは、6種類の精油をブレンドした天然由来精油のアロマの香りでホッと安らげる時間を提供してくれます。
頭皮ケアとしてだけでなく、忙しい日常の息抜きとして使ってみてはいかがでしょうか。

※アセチルテトラペプチド-3・アカツメクサ花エキス

■まとめ

今回は頭皮の汚れの種類や原因、対処方法についてご紹介しました。
頭皮が汚れる原因はいくつかあり、それぞれにあった対処法が必要になりますが、どういった状況の頭皮汚れにもアプローチできるのが「kurokamiスカルプ」です。
しっかりと汚れを落としながら保湿ができるため、健康的な頭皮を作り上げるのに役立ちます。
コンディショナーが必要ない設計となっていますので、お風呂の時間を短縮したい方にもおすすめです。
ぜひkurokamiスカルプで健康的な頭皮を作るためにケアしてみてはいかがでしょうか。

ハッシュタグ

お風呂, 睡眠, 頭皮, 食事,

20代30代40代UVうねりおすすめお風呂お風呂上りかゆいかゆみくすみくせ毛くせ毛をストレートにする方法くましわたるみたるみ、顔ヨガにおいのぼせべたつきほうれい線まだらまとまらないむくみアレンジエイジングエイジングケアオイルカロリーキャンドルキューティクルケアコシゴールデンタイムサラサラシミシャワーシャンプーシンプルスキンケアスッキリストレスストレス解消ストレッチタオルダイエットダメージダメージケアダメージヘアチェックチクチクトラブルトリートメントニキビパウダーパサつきパサパサパックブラッシングヘアケアベタベタボディケアボリュームマッサージマットメイクヨガリラックスリンパルーティンワンオペ一日乾かさない乾燥乾燥肌予防二の腕保温保湿健康傷み働くママ入らない入れ方入浴前髪効果化粧化粧水原因収納吐き気回数地肌ケア基本増える変化女性妊娠妊娠・出産妊娠初期子ども子供子育て季節寝る対策年齢成分戻す抑える抜き抜く抜け毛抜け毛、ピーク抜け毛がひどい改善敏感肌整える方法日焼け日焼け後時期時短時間更年期染まらない栄養梅雨楽しむ毎日毛根毛穴水道代汚い泣く洗い方洗顔消費カロリー温度潤い生理産後産後ケア疲れる疲労回復病気痩せる癒し白髪目元直す睡眠秘訣種類立ちくらみ節約紫外線細くなる絡まる美容美白美白ケア美肌習慣肌荒れ腰痛自宅臭い若返り蒸しタオル薄毛血流読書赤ちゃん過ごし方選び方闇風呂雨の日面倒頭痛い頭皮風呂食べ物食事食後首すわり前髪の毛髪型髪質鼻水

詳しく見る

page top