Presented by haru
  • TOP
  • スキンケア
  • スキンケア商品は成分で選ぶ!代表的な有効成分とNG成分を紹介します! スキンケア商品は成分で選ぶ!代表的な有効成分とN…

スキンケア商品は成分で選ぶ!代表的な有効成分とNG成分を紹介します!

スキンケア商品は成分で選ぶ!代表的な有効成分とNG成分を紹介します!

f
hatebu

化粧水や乳液など様々なスキンケア商品が販売されていますが、あなたはスキンケア商品を購入する際に、何を気にして選んでいますか?
ブランドや価格を重要視している方も少なくないでしょうが、スキンケア商品は「成分」で選ぶことをおすすめします。

そこで本記事では、スキンケア商品を選ぶ際に必ずチェックしたい、おすすめの有効成分とNG成分を紹介します。お肌を美しく保つためにも、スキンケアは成分にこだわってみましょう。

■代表的なスキンケア有効成分一覧

まずは皆さんもおそらく聞いたことのある、スキンケアで代表的な成分を紹介します。

◇コラーゲン

スキンケア商品で多く含まれているのがコラーゲンです。皆さんも頻繁に耳にするかと思います。コラーゲンはタンパク質の一種で、肌だけではなく、内臓や筋肉、骨などにもコラーゲンは存在しており、細胞同士をつなぎあわせる役割があります。
肌にとってコラーゲンは細胞同士をつなぎあわせる機能があるので、ハリやツヤを維持するために重要な役割を果たしています。
コラーゲンは加齢によって体内から少しずつ減少していってしまいますが、最近の研究によって、コラーゲンを食事で摂取すると、体内でコラーゲンの生成が促されることが判明しました。

◇ヒアルロン酸

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム)は水を保持する能力のある高分子のことで、その保水力から肌の保湿をおこないます。
肌にヒアルロン酸を直接塗るだけではなく、美容食品の成分としても使われており、ヒアルロン酸もコラーゲンと同様、加齢とともに体内から徐々に減少していきます。

◇セラミド

セラミドは肌を外部から守る細胞間脂質の一種で、皮膚の角質層に存在しています。セラミドもヒアルロン酸と同様に保湿する働きを持っているので、スキンケアには欠かすことのできない成分の一つとされています。
セラミドもこれまでの2つの成分と同じく、加齢によって減少していきます。

■肌悩み別!おすすめ有効成分

スキンケアの商品を選ぶ際、肌の悩みにあわせた有効成分が配合された商品を選ぶことで、高いスキンケアの効果を望むことができます。
続いては、肌の悩み別におすすめの有効成分を紹介していきます。

◇シミに効果が期待される成分

シミに効果が期待される成分は「ビタミンC誘導体」です。
シミができる主な要因は紫外線・老化による抗酸化作用の低下・ストレスがあげられ、活性酸素の増加などによってメラニンが生産されるようになり、シミができます。
具体的にビタミンC誘導体は、メラニンの生産を抑える効果や、抗酸化作用による活性酸素を減らす効果、ターンオーバーを通常に戻すなどの効果が期待されます。

◇乾燥肌に効果が期待される成分

乾燥肌は皮膚に十分な水分をとどめておくことができず、皮膚の外に逃がしてしまっている水分が多いことが乾燥肌の原因としてあります。
その乾燥肌に対して効果が期待される成分には、保湿効果の高い「アミノ酸」、美肌菌の栄養素となる「オリゴ糖」などがあります。
また、アミノ酸を摂取することによって保湿効果を高めます。また、オリゴ糖は美肌菌と呼ばれる善玉菌のエサになり、そのほかにも油性を持つ成分で肌をコーティングすることも乾燥肌には有効です。

◇しわ・たるみケアに効果が期待される成分

しわやたるみのケアに効果が期待される成分としては、最初にあげた美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」や、「ビタミンA」などがあげられます。
しわやたるみが起きてしまう原因のひとつは、肌の表皮や真皮で起きている乾燥。肌が乾燥することで肌表面のしなやかさやハリが失われ、肌の動きにあわせてしわやたるみができてしまいます。
特に乾燥しがちな目元はしわやたるみが出やすいため、皮膚の内部からスキンケアをすると高い効果が期待できます。

■フリー処方が増えてきた成分5つ

最後に、スキンケア商品を選ぶ際に「○○フリー」など、配合されていないことが選ぶ理由になりやすい成分を紹介します。

◇パラベン

「メチルパラベン」や「ブチルパラベン」など、パラベンと呼ばれる成分は化粧水や香水などにも使われていて、防腐剤の効果を持っています。
防腐剤は肌にとって必要のない成分ということで最近はフリー処方をうたう商品も増えました。

◇硫酸塩

硫酸塩はシャンプーやボディウォッシュによく含まれており、泡立ちと皮脂を落とす効果を高くする界面活性剤です。
しっかり汚れをおとす力があるぶん、人によって乾燥や赤みを引き起こす可能性があります。

◇フタル酸

フタル酸はスキンケア商品のいい香りを長持ちさせる効果があり、除光液やヘアスプレーにも使用されている化学薬品です。
自然な香りの持続性で十分な化粧品などではフリー処方になっているものも多いでしょう。

◇ハイドロキノン

ハイドロキノンは皮膚を白くする効果を持った化学物質です。
メラニンのもとを抑制し、シミを和らげる効果が期待できる成分になります。なかには肌に合わない方もいるので、使用前にはパッチテストをおこなうと良いでしょう。

◇詳細明記のない香料

国によっては化粧品などに香料として加える化学製品を、明記する義務がないため何が使用されているのかわからない場合があります。
なかには先ほど紹介したパラベンやフタル酸が含まれていることもあるのでフリー処方が希望の場合は避けた方が良いかもしれません。

■まとめ

スキンケア商品で成分にこだわるべき理由はいくつかあります。
とくに、何となく肌のコンディションが悪いという時は成分を見直すと自分の肌との相性などがわかるかもしれません。
スキンケア商品を購入する際はぜひ今回紹介した効果的な成分など意識して選んでみてくださいね!

ハッシュタグ

お風呂, 睡眠, 頭皮, 食事,

20代30代40代UVうねりおすすめお風呂かゆいくすみくせ毛くせ毛をストレートにする方法くましわたるみたるみ、顔ヨガにおいのぼせべたつきほうれい線まだらまとまらないむくみアレンジエイジングエイジングケアオイルカロリーキャンドルキューティクルケアコシサラサラシミシャワーシャンプーシンプルスキンケアスッキリストレスストレス解消ストレッチタオルダイエットダメージダメージケアダメージヘアチェックチクチクトラブルトリートメントニキビパウダーパサつきパサパサブラッシングヘアケアベタベタボディケアボリュームマッサージマットメイクヨガリラックスリンパルーティン一日乾かさない乾燥乾燥肌予防保温保湿健康傷み働くママ入らない入れ方入浴前髪効果化粧化粧水原因収納地肌ケア基本増える変化女性妊娠妊娠・出産子ども子供子育て季節寝る対策年齢成分戻す抑える抜き抜く抜け毛抜け毛、ピーク抜け毛がひどい改善敏感肌整える方法日焼け日焼け後時期時短時間更年期染まらない栄養梅雨楽しむ毎日毛根毛穴水道代汚い泣く洗い方洗顔消費カロリー温度潤い生理産後産後ケア疲れる疲労回復病気痩せる白髪目元直す睡眠秘訣種類立ちくらみ節約紫外線細くなる絡まる美容美白美白ケア美肌習慣肌荒れ自宅臭い若返り蒸しタオル薄毛血流読書赤ちゃん過ごし方選び方雨の日面倒頭皮風呂食べ物食事食後首すわり前髪の毛髪型髪質鼻水

詳しく見る

page top