Presented by haru
  • TOP
  • ヘアケア
  • 敏感肌の間違ったヘアケアとは?低刺激シャンプーのおすすめも紹介! 敏感肌の間違ったヘアケアとは?低刺激シャンプーの…

敏感肌の間違ったヘアケアとは?低刺激シャンプーのおすすめも紹介!

敏感肌の間違ったヘアケアとは?低刺激シャンプーのおすすめも紹介!

f
hatebu

敏感肌の方は、刺激を与えないスキンケアに気を配っていることでしょう。しかし、顔と頭皮は1枚でつながっているため、頭皮にも敏感肌ケアをおこなう必要があります。敏感肌の方に適したケアケアは低刺激シャンプーを使うことに加え、日々のヘアケアを見直すことも大切です。
本記事では、頭皮が敏感肌の方に向けて、避けたいヘアケア方法と、低刺激シャンプーとはどんなものなのかを解説します。最後におすすめしたい低刺激シャンプーとして「kurokamiスカルプ」をご紹介しますので、敏感肌の方はぜひ参考にしてみてください。

■敏感肌の人は注意!避けたいヘアケアの方法とは?

毎日何気なくやっているヘアケア方法が、敏感肌にダメージを与えているかもしれません。そこで、敏感肌の方は避けた方がいい、ヘアケア方法を3つご紹介します。

◇肌に気を使ってしっかりとシャンプーしないのは誤り!

「敏感肌だから頭皮を洗うと乾燥しそう…」、と思う方もいるのでは?しかし、頭皮を洗わないと汚れや皮脂が蓄積して地肌の環境が悪化し、美しく健康な髪が生えなくなってしまいます。敏感肌でも頭皮をしっかり洗い、余分な汚れと皮脂を落とすことが大切です。

ただし、シャンプーを流す際に熱いシャワーを使うと、皮脂が流れて乾燥するうえに、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されるといった悪循環につながります皮脂とうるおいを守って髪を洗うために、シャワーの温度は35~40度くらいに設定しましょう。

◇ドライヤーをせず自然乾燥で乾かさない!

シャンプーのあとにドライヤーを使わず、自然乾燥で乾かすことは避けましょう。なぜなら、濡れた髪はキューティクルが開いた状態になり、ほんの少しの刺激でもダメージを受けやすくなるからです。

また、ドライヤーで乾かし過ぎると、頭皮と髪が乾燥する原因になります。ある程度乾かした時点で冷風に切り替えて、冷たいと感じない程度で止めればOKです。

◇肌質に合わないシャンプー・トリートメントの使用は避ける!

シャンプーは洗浄力や配合している成分など、自分の肌質に合ったものを使うことが大切です。

洗浄力がマイルドで刺激が少ない、洗浄力が強く皮脂をしっかり落とす、かゆみやフケを抑えるなど、シャンプーはさまざまなタイプがあります。敏感肌の方に適した低刺激のものではなく、オイリー肌に適した洗浄力が強いシャンプーを使うと、敏感肌がひどくなる可能性も考えられます。

また、見落としがちなのはトリートメントで、肌質に合うものと合わないものがあります。髪と地肌をケアするタイプや、弱酸性で低刺激のタイプ、パーマなどのダメージヘアケア用などさまざまです。敏感肌の方は低刺激や地肌ケアといった、髪と頭皮にやさしいタイプを選びましょう。

■敏感肌の方におすすめ!低刺激シャンプーとは?

敏感肌の方に適している低刺激シャンプーですが、具体的にどのようなケアができるのでしょうか?そこで、敏感肌の基礎知識を踏まえ、低刺激シャンプーの特徴についてご紹介します。

◇敏感肌とはどんな肌?

一般的な肌と比べるとバリア機能が低下していて、皮脂が少なく乾燥しやすい肌のことを敏感肌と呼びます。ただし、皮膚科化学的に敏感肌という定義はありません。敏感肌は、洗顔のあとに肌がヒリヒリしたり、突っ張ったりするのが特徴で、化粧品や紫外線、外気のホコリや花粉などに敏感に反応してトラブルが起きることもあります。

◇低刺激シャンプーは刺激成分を使用していない

低刺激シャンプーは、通常のシャンプーに含まれる刺激成分を使用していません。代表的な刺激成分とは、「石油系合成界面活性剤」と「添加物」です。

石油系合成界面活性剤は市販のシャンプーのほとんどに配合されており、洗浄力と皮脂を落とす力が強く、頭皮への刺激も強い成分です。特に、ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウムは、乾燥やかゆみ、炎症の原因になることがあります。

シャンプーの添加物とは、エタノールや防腐剤のパラベン、合成香料や合成着色料などです。これらの成分も頭皮に刺激を与えるので、低刺激シャンプーに使われていないのです。

◇子供から大人まで使えてスカルプケア効果も期待できる

低刺激シャンプーは上記でお伝えした刺激成分を使用していないので、敏感肌はもちろん、子供から大人まで使えます。また、低刺激シャンプーは余分な汚れや皮脂をやさしく落とすので、頭皮を健やかにするスカルプケア効果も期待できるのです。

■敏感肌にも試したい!低刺激シャンプーならkurokamiスカルプ!

敏感肌の方で低刺激シャンプーをお探しなら、「kurokamiスカルプ」をおすすめします。

kurokamiスカルプは、合成の保存料・香料・防腐剤・石油由来成分を使わず、植物や花、食べ物、鉱物といった「100%天然由来・100%天然由来の素材」で作られたシャンプーです。

洗浄成分はヤシや昆布から抽出したアミノ酸(グルタミン酸)が原料の「ココイルグルタミン酸TEA」、防腐剤はヤシから抽出した「カプリリルグリコール」という抗菌剤を配合。ハイビスカスエキス(ブッソウゲ葉エキス)や天然のシルク(加水分解シルク)、真珠(加水分解コンキオリン)といった保湿成分も配合しているので、頭皮が乾燥しやすい敏感肌の保湿ケアも可能です。

また、kurokamiスカルプはリンスが不要で、スカルプケアやハリ・コシ・ボリュームケア、保湿ケア、フケ・かゆみケア、ダメージ補習、紫外線ダメージケアなど、トータルでヘアケアできることもおすすめのポイント。洗浄成分や保湿成分、添加物までも天然由来なので、敏感肌の方でも安心して洗うことができます。

■まとめ

顔と頭皮は1枚の皮膚でつながっているので、敏感肌の方は頭皮のケアが欠かせません。もしも自然乾燥や肌質に合わないシャンプーを使っていた場合、敏感肌に合ったケア方法に見直すことが大切です。敏感肌の方は、合成の保存料・香料・防腐剤・石油由来成分を使用していない、低刺激シャンプーを使うことが頭皮ケアにつながります。kurokamiスカルプは洗浄成分から添加物まで、100%天然由来・100%天然由来の素材で作られたシャンプーです。1本で敏感肌のトータルケアができるので、これまで頭皮ケアに力を入れていなかった方こそ、ぜひkurokamiスカルプを試してみてはいかがでしょうか?

ハッシュタグ

お風呂, 睡眠, 頭皮, 食事,

20代30代40代UVうねりおすすめお風呂お風呂上りかゆいかゆみくすみくせ毛くせ毛をストレートにする方法くましわたるみたるみ、顔ヨガにおいのぼせべたつきほうれい線まだらまとまらないむくみアレンジエイジングエイジングケアオイルカロリーキャンドルキューティクルケアコシゴールデンタイムサラサラシミシャワーシャンプーシンプルスキンケアスッキリストレスストレス解消ストレッチタオルダイエットダメージダメージケアダメージヘアチェックチクチクトラブルトリートメントニキビパウダーパサつきパサパサパックブラッシングヘアケアベタベタボディケアボリュームマッサージマットメイクヨガリラックスリンパルーティンワンオペ一日乾かさない乾燥乾燥肌予防二の腕保温保湿健康傷み働くママ入らない入れ方入浴前髪効果化粧化粧水原因収納吐き気回数地肌ケア基本増える変化女性妊娠妊娠・出産妊娠初期子ども子供子育て季節寝る対策年齢成分戻す抑える抜き抜く抜け毛抜け毛、ピーク抜け毛がひどい改善敏感肌整える方法日焼け日焼け後時期時短時間更年期染まらない栄養梅雨楽しむ毎日毛根毛穴水道代汚い泣く洗い方洗顔消費カロリー温度潤い生理産後産後ケア疲れる疲労回復病気痩せる癒し白髪目元直す睡眠秘訣種類立ちくらみ節約紫外線細くなる絡まる美容美白美白ケア美肌習慣肌荒れ腰痛自宅臭い若返り蒸しタオル薄毛血流読書赤ちゃん過ごし方選び方闇風呂雨の日面倒頭痛い頭皮風呂食べ物食事食後首すわり前髪の毛髪型髪質鼻水

詳しく見る

page top